ハイヤーセルフを正しく理解するためには

 

管理人の秋元ユキ(@yuki_i_kibun)です。 まずはメルマガにご登録を!

 

ハイヤーセルフのことを正しく理解したいのであれば、「ハイヤーセルフのこと」を考えようとするのはやめておきましょう

 

「ハイヤーセルフのこと」をいくら考えてみたとしても、あなたには理解することができません。

 

 

矛盾したことを申し上げるようですが、私たちが「ハイヤーセルフのこと」を完全に理解できる日など来ないのです。

 

なぜならハイヤーセルフは、あなたが想像するよりもずっとたくさんのことを知っている存在だからです。

 

 

どのくらい知っているのかと言うと、あなたには想像がつかないくらい知っています。
ハイヤーセルフは、私たちが生まれる前からのすべてを把握している存在なのです。

 

そんな存在のことを、いくら想像したところで、正確に理解できるわけがありませんよね。

 

 

・・・ただ、私たちには唯一、ハイヤーセルフについて正しく理解できる方法があります。

 

それは、「自分」のことを理解しようとすることです。

 

 

あなたは、「ハイヤーセルフのこと」を考えるのではなく、「あなた自身のこと」を理解しようとする必要があるのです。

 

 

「どうやら、自分はこれを望んでいるらしい」とか、「自分はどうしてもこれがやりたいようだ」といった「自分の感覚」に、もっと耳をすませようとしてみてください。

 

そして、そういった自分の指針(ししん)に従って、もっとたくさんの行動をしてみてください。

 

それこそが、あなたのハイヤーセルフのことを・・・
いえ、あなた自身のことを理解することができる、唯一の方法になるのです。

 

 

ですから、「ハイヤーセルフのこと」をあれこれ想像して、わかったつもりになろうとするのはおすすめしません。

 

そうやって「頭で考えようとしている時」には、ハイヤーセルフの伝達が途切れる状態になってしまうので、注意が必要です。

 

 

ハイヤーセルフはあなたに、日々いろいろなことを伝えようとしているのですが、あなたが「あれこれ考え過ぎて動かない状態」になっているときには、とにかくうまくいかないと思うようなことが起こり始めると思います。

 

例えば、「うーんうーん」と考え込んでいる時にはまったく考えつくことができなかったアイディアが、一旦休憩しようと立ち上がり、「何も考えずに動き始めた状態」になった途端にふっと浮かぶような経験をしたことはありませんか?

 

 

そのようにふと思いつくようなことや、なぜか「こうしてみようかな」と思うようなことが、ハイヤーセルフの伝達であると言えます。

 

(そうでなければ、どうしてそんなことが起こると思いますか?)

 

そうした伝達をスムーズに受け取るためには、あなたがあれこれとわからないようなことを考え続けている「思考」を、止める必要があるのです。

 

 

―――但し、「何も考えなければいい」ということではありません。

 

「思考」というのは、アイディアが出揃った後、あなたが「これをどのようにうまく実行するべきか?」と思案するときに必要なものです。

 

「うーんうーん」と考える必要がある時というのは、あなたの記憶に頼るべき時であって、記憶の中に答えがないとわかっている場合には、考えて答えが出るということはあり得ません。

 

 

つまり、まだ何もわかっていない段階で、情報も出揃っていない状態で、白い紙にまったく何も書くことができない状況で、「うーんうーん」と考えるということは、間違った行為であるということです。

 

そういったときにはあなたの思考以外のところから答えが見つかるはずだという判断を、早くしなければならないということになります。

 

 

―――さて、ハイヤーセルフは、「その答えがどこにあるのか」というところについての伝達をしてくれる存在です。

 

そうであることに、お気づきでしょうか?

 

「ハイヤーセルフの伝達」として、これまでにご説明してきた内容を、以下にまとめてみましょう。

  1. 自分自身の本音・直感・情熱を伝えてくれる
  2. 「なんとなく自分はこっちのほうがいい」という選択を伝えてくれる
  3. 作品や企画に関するインスピレーションやフレーズを与えてくれる
  4. 何かを完成させようとしている時には、その完成に近づくためのアイディアを与えてくれる
  5. 「この本を読んでみようかな」とか、「あの人に話を聞いてみよう」といった感覚を伝えてくれる
  6. あなたにとって「正解」と思える、理想のイメージを伝えてくれる

 

これらはまさに、あなたがこれからどうすればいいのか」を指し示し、答えのある方向に導いてくれるための伝達だと思いませんか?

 

 

つまりハイヤーセルフは、「答えそのもの」を与えてくれる存在なのではなく、あなたにその「答えがある方向・望んでいるものがある場所への道筋」を、指し示してくれる存在なのです。

 

そういった指針(ししん)を頼りに、あなたが歩こうとしなければ、あなたの「望んでいる場所」までたどり着くことはできません。

 

・・・だとすれば私たちは、「日々考え続ける」という行為を避けようとし、「ハイヤーセルフの伝達」を邪魔することなくとらえようとし、さっさと行動しようとする必要があるのではないでしょうか。

 

 

「ハイヤーセルフの伝達」ができるだけスムーズにおこなわれるために、私たちはいったいどのような工夫をすることができるのでしょう?

 

次項で、詳しく説明していきましょう。

 

ハイヤーセルフの伝達をスムーズに受けとる3つの秘訣

コメントを書く
記事一覧を見る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
※当サイトには、他サイトには書かれていない知識が大量に含まれているため、無断転載・コピーを禁止しています。引用される場合には、当サイトへのリンクをお願い致します。

 

この続きは・・・ハイヤーセルフの記事やアドバイスがいち早く読めるメルマガで!
前回メルマガ配信:10月13日(火)
ハイヤーセルフの考えとあなたの考えとの違い

メルマガ(無料)にいますぐ登録↓
※まぐまぐの宣伝メールは、最初に届く「メルマガ読者登録完了のお知らせ」メールから解除できます。

ハイヤーセルフ記事一覧へ

ハイヤーセルフの本・メッセージについて

 

いい気分ドットコム」というサイトの管理人をしている、秋元ユキ(@yuki_i_kibun)と申します。

ハイヤーセルフについて、詳細を正確に説明するためのサイトを作成させていただきました。
お読みいただきまして、ありがとうございます。

私が「ハイヤーセルフ」について詳しくご説明することができる理由は、ハイヤーセルフの知識に詳しい、スピリチュアルな存在と話をすることができるからです。
→詳しいエピソードはこちら

ハイヤーセルフの本について

私がスピリチュアルな存在にインタビューを繰り返し、数年かけて編集し、完成させた書籍です。

著書『セルフより愛を込めて』
―「自分」を理解したいあなたへ ―

スピリチュアルな存在の語り口調をそのまま掲載したものですので、当サイトの説明よりは少し難しい文章となっていますが、一読の価値があります。
立ち読み・裏話特集ページはこちら

ハイヤーセルフのメッセージについて

私は現在兵庫県で、メール・電話・対面によるスピリチュアルな存在との対話と、ハイヤーセルフのメッセージを提供しています。
お悩みのあるときには、一人で悩んでいるよりも、あなたのハイヤーセルフのことを理解することができるスピリチュアルな存在と、対話をしてみることをおすすめしています。

 

私が通訳の役割をします。あなたとお話できる日を、楽しみにしています。
お問合せはこちら


あなたのハイヤーセルフが、現在のあなたに伝えようとするメッセージを言葉に変えて、メールでお送りすることもできます。
ハイヤーセルフは複雑な内容をあなたに伝えることや、言葉であなたに説明することができないため、当サイトにあなたを導いている可能性があると私は考えています。

このサポートの内容が気になるようでしたら(ハイヤーセルフの指針を感じるようでしたら)、ぜひ詳細をご確認ください↓

ハイヤーセルフ記事一覧へ


コメントはこちら